卒業バカメンタリー♯06☆どっきりバレンタイン

 

2月27日放送の『卒業バカメンタリー』♯06は、

2月14日バレンタインデー日、

4人の青年に起きたドキドキのお話♡

大学に行こうと、いつもの様に向かった

自宅アパートで自転車のカゴの中にチョコレートが♡

部室で仲間とお話していると、

呼び出されてチョコレートを貰えた♡

学食に行ってみると・・・・

自分だけに特別にチョコレートとプレゼントが!♡

突如駆け寄りチョコレートを渡す美女。

恋の行方は?♡

今年の4人はモテちゃった???

無事卒業を迎えたのか!?

ドキドキハラハラのバレンタインの日、

ドキュメンタリー(風ドラマ)でした♡

 

【Start】

@コウキの場合

朝学校に向かおうと、自分の自転車に向かうと前籠にチョコレートが!?

驚きつつもニコニコと喜ぶコウキ。慌てて学校に向かう。

大学に着き、喜び勇んで部室に走り入る。

そして、いつものメンバーに『やりました!!』と嬉しい顔の報告☆

仲間に薦められるがまま慌ててチョコレートに添えられていたお手紙を読むコウキ。

差出人の女の子の名前は『マオちゃん』。

『まおちゃんて言うんだ。。。いい名前だね』と幸せ顔のコウキに、またまた仲間は微妙な反応。

『その名前みてなんか気づかない?』『まおちゃん。マオ・・・・・!?偶然だねぇ♪』

ニコニコと隣に居る友人マオに(おんなじ♪と)話しかけるコウキ。

そこに!!

友人マオが「マオちゃんです♡」と可愛いお顔でVサイン。

キョトンとするコウキ。

続いて友人ガクが、、、

ドッキリ大成功!の手作りプラカードを出します。

渡されたチョコレートは、友人3人からのバレンタインどっきりでした

一同大爆笑

皆にゲラゲラと笑われても、怒らず夢見心地な表情コウキ

『嘘がわかるまでの短い間だったけど、なんか幸せだった♡』と言う。

そんな、コウキに3人の友人はちょっとヒキます。(笑)

そんなエピソードから始まった、バレンタイン当日のお話の会です♡

次にチョコレートを貰ったのはマオくん♡

仲良しの大学職員タムラさん(アニキ的存在から、

「お前にチョコレートきてた」と渡されます。

喜ぶも束の間、直ぐに、今度はコウキから、、、

ドッキリ大成功!手作りプラカードが!!!

タムラさんを巻き込んだコウキのドッキリでした♡

「お前ら騙すのは、女だけにしとけよー!」

ナンパの師匠的アニキ的タムラさんは今日も軽い調子で名アドバイスを放って去っていきます。

 

何も言わないマオ、、しばらくの沈黙したあとに、

「なんか、コウキの言ってたことがわかった。」と笑みをこぼす。

チョコレートを貰った時の気持ちの高揚感を語り出すマオ。

感無量の表情

「いやいや、そこは怒ろうよ」と冷静突っ込むジュンや、

「渡したの俺だよ!」と言うコウキ

それでもテンション下がらずウキウキマオくん。

リボンをいそいそと解き、チョコレートを開封します。

カードを読んで、この感無量の表情!!!

「俺が書いたやつだからね!」と念押しするコウキ。

不思議なマオの反応に戸惑った様子。

「このチョコ俺が1番好きなやつだ!ありがとうコウキ♡」

とニコニコと喜ぶマオに。

「マオにはドッキリが違う効果で出てる。」

「2度とないコイツにはドッキリしねー」

と皆、思いもしなかったマオの反応ヒキぎみ

その流れに不穏な空気を感じたジュンは、用事があると、部室をさっさと去ろうとしたところ、

流れ的に次に仕掛けられるのは、絶対に自分だから嫌だ

と言うのに、友人3人に無理やり食堂に連れて行かれます(笑)

どうにか、ジュンを学食に連れ出すことに成功した3人はこのイタヅラな表情。

自分達でも、既にバレバレなのが可笑しくて仕方ない様子。

そりゃバレちゃいますよね(笑)と。しそう♪

何らのイタズラが待っていることがわかりつつ、食堂の注文所に並ぶとジュン。

友達は誰も付いて来ず遠目でクスクスジュン苦笑い。

購入できる食事は、全てチョコレート一択のみに仕込まれるジュン

他学生も利用中の食堂で、ジュンの為のみに仕込まれ、食堂のおばちゃん達も巻き込んだ壮大なドッキリです!

最後の小鉢までもが、チョコレートだったときは、流石のジュンも受け入れず受け取りを拒否しました。

 

その時、おばちゃんの1人がカウンターを出て、

直接小鉢をジュンにお届けし、そのままジュンの頬にキス

ドッキリ大成功!!

大きな紙をを出して大喜びの3人、

ドッキリと書かれた紙は何故か回を重ねるごとに豪華なものになっていってます

「キスどうだった?」と感想を求める3人に。

「あの人、俺の母親より年上だよ。」苦笑いジュン。

中々の悪ノリをサラッと苦笑いで流すジュン心の広い大人男子です。

ドッキリ大成功?!にみんな満足し食堂をあとにする4人。

その時、事件がおきます!ガクが女の子に呼び止められ、チョコレートを貰うのです。

最後に食堂を出た上に、呼び止められ距離が空いた為、走ってみんなの元に合流するガク。

バタバタ走ってます。

「チョコレート貰ったんだけど、、、ドッキリでしょー。」「え?ナニソレ知らない知らない。」

というやり取りのあと、撮影スタッフさんに話しかけ、先程チョコレートと貰った時の画像をみんなでチェック☆

(ドキュメンタリー風ドラマのリアル演出感♡)

ガク曰く、作家の樋口一葉のようなシュッとした美人にチョコレートと貰ったと、、、。

これは本物だとザワつく友人3人に急かされ、チョコレートに添えられていた手紙を読むガク。

そこには、少し個性的な文章ではありますが、

「研究棟裏に来てください。」と、、、。

あわてて走り出す3人。

現場には、可愛いらしい女性が。

女性をみて臆するガクを

「このままでは、お前は絶対彼女が出来ないから、このチャンスを逃すな!」と励ます3人。

その中でもマオが1番熱心で

「彼女がちゃんとした子かは、わからないけど、ガクがいい奴だってことは、よくわかってる!」

と、、どこか感覚がズレているけれど、優しく熱い言葉をかけて、ガク背中を強く押す!

仲間の声援を背に彼女の元に向かうガク。みんな前のめりで見守っちゃってます

彼女からの告白に、そこは自分から言わせて下さいと、男らしい一面を見せて交際を申し込みOKを貰うガク。

カップル誕生の瞬間に立ち会い、喜びながら駆け寄り。

彼女にまで挨拶する友人。

彼らの非モテ感がよく出ています。

ここで突然、ガクの盛大なドッキリのネタばらしが!?

なんと、チョコレートを貰うことから、カップル誕生までが、全てガクの仕込んだドッキリでした。

そして、プラカードは今回もっともゴージャスなものに!(笑)

彼女のメッセージカードの内容、夏目漱石の恋愛小説のセリフそのままだったのに、なんでみんな気がつかないんだ!

マニアックな仕込みをし、そのネタを訴えるガク。

みんな、そんなの普通知らねーよ!という反応(笑)

「驚いたー」などといつつ盛り上がるメンバーの中で、1人放心状態のマオに話しかけると

「楽しいと、なんだかんだでみんなチョコレートを貰えたし一日中バレンタインを楽しめたことが楽しいと。

それを聞いてみんな更に盛り上がる!

実は彼女役の女性は、いつも撮影でお世話になっているスタッフさんでした

その彼女に対して

「全くわからなかったぁ。(普段のより)そっちの方がいっすよ!」とブッこむマオくん。

失礼です(笑)言葉の端々に滲み出る、リアル非モテ感がいいです!!

そして、ガクが貰ったチョコレートを開けだすマオ

「あ!コレ高い奴だ!」ヽ(‘ ∇‘ )ノ

「GODIVAだゴディバ!」と盛り上がり高級チョコレート

「どれにする?」「これにする!」とはしゃぎながら仲良く摘む青年達!

なんだか、盛り上がったけれど実際には全く何もなかった幸せなバレンタインデーが終わりました♡

【fin】

 

このドラマは、

彼らのリアリティある生活の中に馴染んだ表情が見れる事が、お楽しみの1つでもあります☆

鼻の下を伸ばしてチョコを頬張る濱ちゃんとか

伸びをしたあとちょっと変な顔になる流星くんとか

2人のジャケットの羽織方が妙に自然体だったり、、、

素顔に見えるよう演じてるかもしれない?もしかしたら、素顔かもしれない。

端々の妙なリアル感ドキドキしてしまいます♡

そして、それがなんかエロい(〃ω〃)♡

 

もう1つ。。。。。

普段は超絶美形で、イケ散らかしてる流星くんの、このオタクっぽい表情と、ちょいキモさ可愛くて愛おしい♡

流星くんの美しいお顔でもキモく魅せる事が出来るのだと感心するばかり!

ああ、流星くんの振り幅がしんどい

天使のように純情なマオくんだって、、

別のお話では、こんな昭和風味のヤクザの青年ですからね(汗)

ほんま役者さんって凄い!

ストーリーも良いのですが、2人が可愛くて、可愛くて、録画して、何回も観てしまう楽しさです♪

 

さて。。。。

昨日の寝不足を解消すべく、今日は早めに寝ることにします!

まだ、インフルエンザも流行っていますので、皆さまも健康には気をつけて下さいね♡

明日も元気にファイティン╰(*´︶`*)╯♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください